公正証書遺言の手数料


公正証書遺言を作成する場合の公証人手数料は、遺言の目的である財産価額により
公証人手数料令(政令)で下記の通り定められています。

              

 目的の価額

手 数 料

100万円以下

5,000円

  100万円を超え200万円以下

7,000円

200万円を超え500万円以下

11,000円

500万円を超え1,000万円以下

 17,000円

 1,000万円を超え3,000万円以下

 23,000円

 3,000万円を超え5,000万円以下

 29,000円

5,000万円を超え1億円以下

43,000円

 1億円を超え3億円以下

  43,000円に 5,000万円まで毎に
    13,000円を加算

 3億円を超え10億円以下

  95,000円に 5,000万円まで毎に
   11,000円を加算

 10億円を超える場合

249,000円に 5,000万円まで毎に
    8,000円を加算

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










(注1) 上記の手数料は、相続または遺贈を受ける人一人あたりの価額です。
(注2) 財産の相続または遺贈を受ける人が複数の場合は、各人毎に相続または遺贈を
     受ける財産の価値を算出して、これを上記基準表にあてはめてその価額にに対応
     手数料額を求め、これらの手数料額を合算して遺言書全体の手数料を算出します。
(注3) 全体の財産が1億円未満のときは、上記基準表によって算出された手数料額に、
     11,000円が加算されます。
(注4) 遺言書は、原本、正本、謄本の3通を作成しますが、(原本は公証役場で保管され、
     正本と謄本は遺言者に返されます。)これら遺言書の作成に必要な用紙の枚数分
     (ただし、原本については4枚を超える分)について、1枚250円の割合の費用がか
     かります。
          

                                                    ご相談、お問いはこちらへ)

                                   

   (本ページのトップ)                                   TOP>