自筆証書遺言の長所と短所

<長 所> 
    ■ 一人でいつでも容易に作成できます。
    ■ 遺言した事実及び内容を誰にも知らせる必要はなく、秘密にできます。
    ■ 他の遺言方式のような証人や立会人は不要で、費用は殆どかかりません。
 

<短 所>
    ■ 遺言者本人による自筆が条件となります。(遺言者が自筆できない状況では
           この遺言方法は不可)
    ■ 遺言の執行にあたり、家庭裁判所による遺言書の検認が必要になります。
    ■ 要件不備で、無効になる危険があります。
    ■ 紛失、偽造・変造、隠匿の危険があるので、保管には細心の注意が必要です。
           (そもそも死後、遺言書を発見してもらいない危険もあります。) 


  当行政書士事務所では、自筆証書遺言に関するご相談、遺言書の文面の起案、
  また、お客様
がご自身で作成された自筆遺言書の内容のチェック等、ご要望に
  応じて丁寧に対応させていただきます。
  お気軽にご相談ください。
                             (ご相談、お問いわせはこちらへ


  (このページのトップ)                                TOP>