心理的圧力としての効力

  公正証書には、証拠としての優れた効力があります。
 また、公正証書の債務内容が「金銭の一定額の支払いを約束した場合」で、かつ公正証
 書に「執行認諾約款」の記載があれば、債務不履行となった場合、直ちに強制執行
  できるわけですから、公正証書を作成した債務者に対しては、公正証書どおりに履行しな
 ければならないという心理的な圧力になります。

  また、公正証書は、裁判での有力な証拠となり、債務者としては裁判で争うのは困難
 あるということを自覚し、できるだけ約束どおりに履行しようと云うことになるでしょう。
 このような、債務者に対しての心理的な圧力も公正証書の重要な効力であり、公正証書
 を活用することで、かなりの程度、紛争を避けることができます。

 

  (このページのトップ)                                       ご相談お問い合わせはこちら)                                
 
                                                                                               TOP>