契約書書式集を利用する場合に考慮する点

市販の契約書式や書籍の契約書例は、契約に必要な一般的条項が一応盛り込まれて
おり、利用が簡便である反面、個々の特有な事情への対応は考慮されていません。

そのため、市販の書式集等を利用して契約書を作成する場合、次の点を十分考慮した
上で、利用する必要があります。

 

  個々の具体的な取引に特有の事情への対応は不十分です。

   書式集等は、特定の類型の取引に関して一応標準的なものとして利用可能性の面
   から用意された書式であるため、個々の具体的な取引に特有の事情には必ずしも
   対応できていません。

 契約当時者の立場により、利用の可能性が異なります。

   契約当事者のうち、どちらの立場に立って作成された書式かによって、利用可能性
   が違ってきます。

 契約当事者双方に公正である保証はありません。

   書式の条項が、契約当事者双方にとって必ずしも公正かつ合理的なものになってい
   る保証はありません。

 

書式集等を利用して契約書を作成する場合、これらの点を考慮したうえで、自分の取引
に合致した契約書にするために、条項の一部追加変更削除などの編集が必要に
なります。